横乗り

スノーボード初心者‼初めての板選び方とスタンスの話‼

はじめてスノーボードのスキー場

 

初めての板選び 押さえておきたいポイント5つ!

スノーボードの板の画像

スノーボード初心者の方がはじめての板を
選ぶとき押さえておきたいポイント
いくつかありますが

ここでは厳選して5つご紹介します。

ポイント1. 板の重さ
ポイント2. 板のかたさ
ポイント3. 板の全長
ポイント4. 板のウエスト
ポイント5. 板の形

 

ポイント1. 板の重さ

初めてスノーボードをするときの板の重さは軽いほうがいいです
軽いことによって板の操作もしやすくなりますし、転びそうになった時の
リカバリーもしやすくなります。

ポイント2. 板のかたさ

初心者の方は柔らかいほうが板を動かしやすいです
滑ることに慣れてきて直滑降でスピードが出せるようになってくると
柔らかすぎる板はバタバタする感じがするかも、その時は少し固めの板にしても
いいかもしれません。

ポイント3. 板の全長

自分にあったサイズの見極め方としては、まっすぐ立った状態で自分の首から鼻の先の間に
スノーボードの板の先端が入るくらいの長さが目安になります。
板が長すぎると操作がしずらくなりますので
ならべく短めを選んだほうがいいでしょう。

ポイント4. 板のウエストは細すぎず太すぎず

細すぎるとブーツがはみ出しすぎてしまいます。
太すぎると滑っているとき曲がりにくくなります。

ポイント5. 板の形(板を平らなところに置いて真横から見た時の形状)

初心者の方におすすめな板の形状は
・ROCKER〔ロッカー〕と呼ばれている形状です。

スノボ板の形状の画像

ロッカーの特徴はノーズとテールの部分に圧力がかかりにくいので
ボードをずらしやすく、初心者の方が扱いやすい形状になっています。
また、ほかの形状にくらべてエッジが雪にひっかかり過ぎないので
逆エッジでの転倒を軽減してくれます

初心者の方は ロッカー ゼロキャンバー フラットトップ
ブランドによって呼び名がいろいろありますが
ボードの形状はこれがおすすめです。

正直、初心者の方が初めてスノーボードに乗った場合は
どの形状に乗ってもあまり違いが分からないかもしれません。
それは各形状はそれぞれ特徴があり
直滑降でスピードを出した時、BOXやレールに乗った時など
そういった場面で違いがみえてくるからです。

 

スノーボード用品・横乗り系ブランドに興味のある方はこちらの記事もどうぞ‼
記事:横乗り系ブランド オンラインストアまとめ

 

スノーボード 板の各部分の名前と意味

スノーボードの板の部分の名前
①サイズ:板の全長

②有効エッジ:実際に雪の上を滑っているときに使用しているエッジの部分

③ノーズ:自分が滑っている時の前足側の先端部分

④ウエスト :板の最も細くなっている部分
バインディングとブーツをセットするとウエストからブーツが多少はみ出します。
極端に出ていなければ問題ありません。(目安としてはブーツより-1~-2cmくらい)

⑤テール:自分が滑っている時の後足側の先端部分

⑥サイドカット半径:サイドカットの延長上にその半径の円が描ける
例えばサイドカット7mは、半径7mの円ということになります。

⑦スタンス幅:足と足のあいだの距離
あまり広すぎるとヒザのクッションが使いづらくなります。

⑧インサートホール:バインディングの取り付け部分のネジ穴のこと
ほとんどのブランドの板は共通になっており、普通にネジ穴が開いていて
バインディングのセンターディスクと呼ばれる丸いプレートに
ネジ4本で固定するタイプ(4×4フォーバイフォー)になります。
この他に、BURTONのいくつかのモデルで
マウンティングシステムThe Channel(チャンネル)というものがあります。
この仕様はBURTON独自のもので
ねじ穴の代わりに1本のレール(スライダー)があってそこに2本のネジで
バインディングを固定します。
この場合、使用するバインディングは「TheChannel用 est binding」になります。

 

自分の基本スタンス(右足・左足・どっちが前?)
レギュラースタンスかグーフィースタンスかを調べる方法

自分の基本スタンスを調べる方法はいくつかありますが
ここでは、あくまでも一例ですが
簡単に自分がレギュラースタンスかグーフィースタンスかが
分かる方法をご紹介します。

下記の図にスコップがあります。

スノボでレギュラースタンスかグーフィースタンスか

図にあるような大きいサイズのスコップで地面の土を掘るとき どちらの足(右足・左足)が前になりますか?

左足が前にくる人はレギュラースタンスです。
右足が前にくる人はグーフィースタンスです。

これはあくまでも基本スタンスのめやすをつけるもので絶対ではありませんのでm(__)m
実際ゲレンデで滑ってみて違和感を感じるかたは逆のスタンスを試してみて下さい。
ちなみに基本スタンスの前足と逆の足が前になっている状態のことを
スイッチ(Switch)といいます。

-横乗り

Copyright© 子供・大人【遊び道具さがし】 , 2020 All Rights Reserved.